ジムより風俗のほうが痩せる

セフレから風俗に変えた理由とは

セフレがいたんですけど、別れて風俗嬢と遊ぶようになりました。セフレの存在はある意味ではありがたいんですけど、次第にどうしても面倒というかセフレである以上、こっちからすれば肉体関係だけでいいんですよ。でも次第に要求がそれ以外と言うか、デートをしたいとかご飯に連れて行けとか。そういったことは正直言って面倒じゃないですか(笑)だからそれならもう風俗でいいかなと。そういった要求をするようになってから、体も簡単には許さない…みたいな雰囲気を感じるようになりましたしね。それこそ奢ったりするくらいであれば風俗の方が断然勝手が良いものなんじゃないかなと思いますので、風俗でいいだろうって気持ちになりました。それに、風俗だと毎回違う相手が出来るのでそれはそれで楽しいものですね(笑)ポータルサイトを見てどんな女の子にしようかなと考えるのも、それはそれでやっぱり楽しいものなのでセフレよりも風俗の方が自分に合っているのかなって。

決定的なことがあったから

おそらく一番お世話になっている風俗はデリヘルかなって思っていますけど、そうなったのもとある出来事があったからなんです。それは今でも鮮明に覚えています。とある風俗店の待合室で順番を待っていた時のこと、上司が入ってきたんですよ(苦笑)その上司と仲良しであればまた違った展開になっていたと思うんです。冗談を言い合ったり、あるいは「気まずいな」なんて笑いながらその場をやり過ごすことも出来たと思うんですけど、その嬢使途は本当に仲が悪かったんです。こちらが嫌っているというよりも、上司がこちらを目の敵にしているんですよね。それで待合室でばったり。それ以来、「今日は風俗行くのか?」と自分のことを棚に置いてこちらにそんなセクハラとパワハラの複合技を仕掛けてくるんですよ(苦笑)だから待合室のない風俗が良いなって思ってデリヘルで遊ぶようになったんですよね。まぁ自分も上司に「上司こそ風俗行かないんですか?」と大きな声でやり返しますが(笑)